三国志ドラマ 動画

最初はDVDレンタルで観ました

はじめまして。三国志では曹操が好きなユウキです。僕はよくTSUTAYAやGEOでDVDをレンタルしては平日に夜な夜な観たり週末の楽しみにしたりしてます。

 

ドラマや映画・アニメから学ぶことってたくさんあるなって思うんですよね(*⌒ー⌒*)

 

三国志DVD

その中でも歴史ものの偉人たちの物語や戦闘アクションも好きな僕にとって、三国志は大好きな物語の一つです。

 

数年前にレンタルDVDで観たのが『三国志 Three Kingdoms(スリー・キングダムズ)』。これは全95話でDVD48巻もある超大作です。

 

三国志を題材にした映画やドラマはいっぱいあるけど、このドラマは全体的によく出来ていると思います。特に登場人物のキャラを演じる役者陣が僕のイメージとよく合っていて、日本語吹替えでの声優さんの声もマッチした感じだったので、三国志の醍醐味の一つの人間模様がスッと入ってきましたよ。

 

特に曹操がお気に入りの僕にとっては、曹操役の俳優さんも日本語吹替えの声もハマりました。ただ、三国志の長い物語の中で省かれたエピソードがあったりするのが残念に思いました。そこはスピンオフ版とか出してくれたら嬉しいのですが…

 

しかし、省かれたといっても95話もあってDVD48巻ですから、レンタル屋と家を何往復したことか・・・。レンタル代は1巻100円としても、5000円くらいは使ってますね( ゚Д゚)

安全・便利な動画配信サイト

面白かった三国志ドラマをもう一度最初から観たくなったのですが、またいっぱいDVDレンタルして来るのは億劫で・・・
そこで見つけたのが、動画配信サービスです。

 

動画配信ならば、レンタル屋に行く必要ありませんし、DVD差し替えたりせず、ネットさえ繋がればスマホでもサクッと見れるので通勤時間すら楽しみになります(´▽`)

 

でも、気になるのが料金ですよね。動画配信サイトって割りと高いイメージあります。だからといって、無料の怪しいサイトは著作権違反で法律にひっかかるし、ウイルスが入ってきてパソコンがおかしくなったり、下手すると個人情報盗まれたりするって聞くので怖いですよね・・・

 

それで『三国志 Three Kingdoms』のある、大手の動画配信サイトを探しました。

 

 

FODプレミアム(フジテレビが運営)

まず、僕が最初に試して今も使ってるのがフジテレビのFODプレミアムです。

 

このFODは、フジテレビがやってる動画配信サイトなんですけど『三国志 Three Kingdoms』も観れるんです。YouTubeとか無料動画の低画質でなくて、高画質で迫力あって綺麗だけどスイスイと動画が観れましたよ。

 

気になる料金は、「最初の1ヶ月無料」です。よく動画配信サイトにありがちな「1話だけ無料」ではなくて31日間あるから、全95話でも一気に観てしまえば無料で観れますね(*∩_∩*)

 

ただし、32日目になると継続利用となって「月額888円(税抜)」かかりますので無料期間は意識しておきましょう。

 

 

dTV(NTTドコモとエイベックスが運営)

次に試してみたのが、dTV(ディーティービー)です。こちらは会員数・作品数でNo.1という映像配信サイトです。

 

お試し期間は、FODプレミアムと同じく「最初の1ヶ月無料」ですが、32日目から発生する継続料金は「月額500円(税抜)」となっていて動画配信サービスの中ではかなり安いですね。

 

もちろんdTVでも『三国志 Three Kingdoms』が観れましたよ(p_-)

 

それとdTVが良かったのはスマホアプリです。FODプレミアムもスマホアプリあるんですが、大きな違いはダウンロードできること!

 

次に観る動画を自宅WiFiでダウンロードしておけば、外に出て通信量がそんなに掛からず再生できるのです。だから通信料金が従量制でも安心。それに、電波が届きにくい場所でもダウンロード再生なら、サクサク・スイスイ観れるので非常に便利な機能ですね。

 

 

U-NEXT(ジャンル豊富、アダルトAV見放題あり)

もう1つ僕が今も継続しているのが、U-NEXT(ユーネクスト)です。こちらはコンテンツが豊富で幅広くて、雑誌やアダルト動画まで付いている映像配信サイトです。

 

お試し期間は、FOD、dTVと同じく「最初の1ヶ月無料」ですが、32日目から発生する継続料金は「月額1990円(税抜)」なので、継続利用するにはわりと高いサービスです。

 

このU-NEXTにももちろん『三国志 Three Kingdoms』があって、dTVと同様にスマホアプリにダウンロード機能もあるからサクサク観れました(^-^)/

 

また、U-NEXTの特徴はコンテンツが豊富な点です。映画・ドラマ・アニメなど動画だけでなく、雑誌見放題も付いています。さらに、他には無いのがアダルト動画の見放題も付いていることですね。

 

FODは古畑任三郎、すべらない話、雑誌SPAもあってお得

三国志ドラマを観るために入ったFODですが、観終わった後も継続利用しています。というのも僕の好きなものがちょうどあって、どハマリしてしましまして(^^ゞ

 

それが、古畑任三郎、人志松本のすべらない話、雑誌の週刊SPA!でした。僕にとってはハマったのがこれらでしたけど、ほんと沢山のコンテンツがあるので、誰でもきっと気になる映画やドラマ、雑誌があると思います。

 

特に雑誌も充実していて、スマホがあれば電子書籍のように見れるので、電車の中で雑誌を広げることなく周りの目を気にせず見れるから気を使わないで楽な気持ちで楽しめますよ。

 

僕は週刊SPA!の『バカはサイレンで泣く』という記事が大好きで、一人で見てると通勤電車で思わずププッと笑ってしまうので、そこは注意ですが・・・笑

 

それと、フジテレビの放送中のドラマも含め、人気ドラマが(コードブルー、リッチマン、プアウーマン、昼顔、ガリレオ、北の国から、逃走中など)沢山見れるのはFODの最大の特徴かもしれません。僕は古畑任三郎が一番好きですが・・・

 

動画サービスを比較してみました

三国志ドラマ『Three Kingdoms』が見れる動画サービスの3つを比較してみました。

 

サービス名 特徴 映画・ドラマ作品数 雑誌・マンガ作品数 月額(税抜)

FODプレミアム

・フジテレビのドラマ多数○
・雑誌も充実○
・スマホにダウンロード機能×

888円

dTV

・月額安い○
・動画は○だが雑誌は×
・スマホにダウンロード機能○

×

500円

U-NEXT

・月額高い×
・アダルトAV動画見るなら◎
・スマホにダウンロード機能○

1990円

↑上のサービス名をクリックすると、無料お試し申込できます

 

どれも1ヶ月は無料お試しできるので、それぞれ試して自分が使いやすいやつを残して利用するのがオススメです。PCで見る場合やスマホで見る場合で操作感が違ってきますから。

 

そして、使いにくい場合や見終わって継続しない場合は、31日以内に解約すれば料金は掛かりません (*∩_∩*)

 

動画配信サイトの解約方法

動画配信サイトの解約方法を説明します。
いくら登録無料といっても1ヶ月を過ぎると課金されますので、もう見終わったら解約しましょう。見ないのに解約しなかったら無駄に課金されて勿体無いですから( ゚Д゚)

 

解約するには、各サイトにログイン後のトップ画面のメニューから管理画面を表示して「解約」に進む形です。各社の各サイトによってメニューは違いますが、流れは同じですよ。

 

詳しくは、以下の各社ヘルプ画面をご覧ください。

 

FODプレミアム

https://fod.fujitv.co.jp/s/guide_service/#guide06

 

dTV

https://pc.video.dmkt-sp.jp/fa/faq00049?qano=94

 

U-NEXT

https://help.unext.jp/guide/detail/how-to-cancel-the-contract

 

『三国志 Three Kingdoms』お気に入りシーン

『三国志 Three Kingdoms』を見て、僕のお気に入りシーンを紹介します。

 

一気に観てしまうほど面白かったので、紹介したいシーンは沢山〃あるのですが、その中から1つ。
「第36話 長坂坡の戦い」から、趙雲(子龍)の阿斗救出シーンです。

 

曹操軍が逃げる劉備軍を追いかけて、追いついて戦シーンが始まるハラハラ・ドキドキの場面。ここで活躍するのが趙雲です。

 

逃げ遅れた劉備の奥さんと子供(阿斗)を見つけたが、奥さんは自分が足手まといになるまいと井戸に身を投げてしまいます。そこで、趙雲は残された阿斗を抱っこした状態でくくりつけ、一人で曹操の軍勢をかわしながら、劉備のもとへ帰還しようとします。

 

阿斗奪還1
趙雲はたった一騎なのに周りは敵だらけ。。。

 

阿斗奪還2
抱っこしたまま空中戦。。。

 

ちょっとやり過ぎな演出感は否めませんが、このドラマの売りである迫力ある戦闘シーンと壮大なスケールが凝縮されていて、趙雲がとってもカッコいいんで是非観てほしい!

 

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

 

そんなカッコいいシーンが終わって、ようやく劉備(玄徳)のもとへ到着した趙雲は、抱っこして無事に連れてきた阿斗を差し出します。
阿斗奪還3

 

阿斗を受け取った後の玄徳のとった驚きの行動とは・・・・・・
この先は、是非ご覧になってください (*≧∀≦)ノ